読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maittä

助けて欲しいなんて言ってないし。

夜の電話

おつかれさま、今度会った時ゆっくり話そうねって言葉がすっと出てきて、自分こんなこと言える人間だったんだって気付いたし、彼は自分にとって大事な友達なんだなって気付いたよ。
無責任な掛け声かもしれないけどね。だって、けーくんになんて声かけたらいいかわからない時あるもん。考えすぎなのかもしれないけれど。