読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maittä

助けて欲しいなんて言ってないし。

梨を猟る

蔵王にある「室野井果樹園」へ連れて行ってもらいました。梨が大好きな私にとっては、悶絶するほどのイベントでした。

私もそれまで知らなかったのですが、宮城で梨のもぎ取り体験ができるのは、個数制限がある利府の果樹園と、個数も時間も無制限の蔵王の果樹園の2か所だけなんだそうです。料金が同じなら、思う存分食べまくりたい。で、蔵王にやってまいりました。

540円を払って、いざ梨狩りへ。始めにおじいちゃんから、梨の狩り方について教わりました。「大切に育てた梨なので粗末な食べ方はしないでね、楽しんでね」と言い、消えて行きました。

数日前の「もやさま」で、梨農家の方が「大きくて丸い梨が美味しい」と言っていたので、大きくて丸い梨を選びました。冷静になって、写真を見ると自分の顔も大きくて丸いぞ。

どれくらい居たのか覚えていませんが、二人で思う存分食べました。どっちが美味しい梨を選べるかな〜!なんてやりましたが、結局全部美味しかったです。
バケツを梨の皮でいっぱいにしよう!と意気込んでいましたが、4分の1をいっぱいにするので限界でした。胃の中はもう既に、梨でいっぱいでした。胃の中100%が梨の人はこちらです。
f:id:mmmitn:20151011212904j:image

二人とも皮むきが下手で、いつ指詰めが起きてもおかしくない状態でした。「おじいちゃん、(梨を粗末にして)ごめん…」と謝りながら皮むきしていました。それでも、最後まで指が無事だったのでよかったです。二人とも帰る頃には、ちょっとだけ皮むきが上手になりました。

帰りの車内、梨の水分によって膀胱が悶絶苦しんだのは内緒の話です。圭くんが下痢したのもまた、内緒の話です。

夜は壱弐参横丁へ行きました。すごくディープな世界でした。近いうちに、お話ししたいと思います。