maittä

助けて欲しいなんて言ってないし。

久しぶりの学校は

2クール目の実習が一区切りつきました。2週間くらいお世話になった筈なのに、全然掴めなくて夏休み明けの実習がすでに憂鬱です。
実習から釈放された私たちは、楽しみにしていた学院登校が始まります。みんな一緒ならどんなことでも乗り越えていけるわ、なんて考えたりしていたけれど嫌なものは嫌だった。嫌。

放課後ぼさっと話した、まりさんとの会話が濃厚すぎてバイトが終わった今でも心に沁みています。
さらに偶然見つけた奥華子の「年上の彼」の歌詞に心をえぐられて今は、モサモサしています。やっと私もあの頃のあなたの歳になりました。